商社から転職した方がいい?しない方がいい?

 商社から転職したいと考えている人は相当数いますが、その理由としては激務だからです。お給料は残業代も含めて、ちゃんと払われる傾向にありますがそれを考えても激務過ぎて転職を目指す人が多いそうです。若しくは、体を壊してしまってやめざるを得ない状況になったりと、商社の仕事はまさに命懸けです。

 

 しかし、30代になればその最前線から管理職へ昇進していきますので、激務から解放され、お給料や待遇などにも充分満足できる企業が多いのも事実です。二十代のうちに必死になって働き、なんとか30代まで辿り着ければ勝ち組になれます。

 

 体を壊してしまった場合であれば、もちろん商社を退職して転職をしなければなりません。しかし、まだ何とかやれそうだ、という人であれば30代に入るまでの我慢です。せっかくここまで耐えてきたものを捨ててしまうよりは、何とか耐えてもらいたいものです。

 

 なぜなら、激務から解放された後の商社マンの話のほとんどが「頑張ってきて良かった」で締め括られるからです。それだけ頑張るだけの価値のある、悠々自適な社会人生活を送るためにも、30代が目前なのであればあと少しだけ耐えてみましょう。

 

 残念ながら退職をして、転職を目指す方は次は商社のような激務のお仕事ではなく、比較的時間にも精神的にも余裕のあるお仕事を探してみて下さい。せっかく激務から解放されたのに、また激務の仕事ではどうしても体力、精神力が枯渇してしまいます。体が資本ですね。